電気情報工学専攻 博士前期課程1年 近藤 秀憲さん

私は IT 系の企業に参加しましたインターン先を決める際には,自らインターン先の希望を伝えたところ,先生が先方に交渉して下さり参加することができました。
実際に参加した感想としては,自身の希望 先に参加したこともあり大変多くのことを学ぶことができました。また,実際の企業ではシステム開発においてプログラミング の工程よりも,設計工程を重要視し工数をかけるといったような新たな発見もありました。参加してよかったと思っています。

研修先:株式会社BSNアイネット

 IT技術者としての業務体験を通じて,技術開発のみならず,情報処理サービス,新しいITサービスの提供を行っていることを知って頂くプログラムに参加頂きました。初めて知る知識や技術に面白みを感じ,もっと理解を深めたいと感じてくれたようです。
 システム開発演習においても熱心に取り組む姿勢が印象的でした。変則的な開催にも快く対応してくださり感謝申し上げます。
充実した学生生活とともに大きく飛躍してくれることを祈念しています。

生命・食料科学専攻 博士前期課程1年 室住 陸人さん

私は民間会社と公務員のどちらを目指そうか決められていなかったので,今回県の機関で研修させて頂くことにより,公務員として働くことのイメージをより具体的に感じたいと考えました.今回自分が研修させていただいた職場は温かい雰囲気で,比較的自分のペースで仕事ができる所が魅力だと感じました.また,それまで新潟県の農業系の公務員の仕事についてはほとんど知らなかったのですが,研修を通して勉強することができました.

研修先:新潟県農業総合研究所作物研究センター

  研修生にはインターンシップを通して,主に水稲の収量や品質の調査を体験してもらいました。研究員の説明をよく聞き,わからないことを積極的に質問して調査の目的を理解した上で丁寧に作業する姿に好感が持てました。また,給料や休暇,諸手当などの労働条件についての質問もあり,職業選択の基準をいろいろと考えているように感じました。この職場での経験が今後の大学での研究や社会での働き方の方向性を決める助けになれば幸いです。

新潟県農業総合研究所

 基盤研究部,作物研究センターおよび畜産研究センターの3部署で1名ずつ研修生を受入れました。専門分野の研究業務とともに,民間企業ではない公設試験研究機関ならではの調査活動などを体験いただきました。
 当所は研究において県内で活躍する新潟大学出身者と連携させていただく機会がとても多いので,インターンシップ後も引き続き当所とのつながりを持っていただき,また学生のみなさんに当研究所のことを知っていただく架け橋となっていただければありがたいです。
 今回のインターンシップが,研修生の人生が実り多きものとなる契機となれば幸いです。

環境科学専攻 博士前期課程1年 佐藤 亮祐さん

私は,今回のインターンシップで,はじめて行政の研究機関へと伺いました。そこでは錦鯉の選別作業から,寄生虫の観察,ミユキマスやアユの体長測定,鯉に感染するウイルスの検査,川に棲む昆虫類の同定など,試験場での幅広い業務を体験させて頂き,普段の生活では得られないような沢山の経験や学びを得ることが出来ました。そのため、このインターンシップで得られたものを,少しでも,今後の研究やその先の進路に活かしていきたいと思います。

研修先: 新潟県内水面水産試験場

1名の大学院生を5日間受け入れました。当試験場では,ニシキゴイやマスの養殖や病気の研究をはじめ,河川湖沼の魚を増やす研究など多岐に渡っていますが,県の機関としての役割を積極的に学んでいかれました。また,当場で開発したニシキゴイの新品種「黄白(きじろ)」の普及や宣伝方法を若い感性で提案いただき,職員もその発想力に驚いていました。当場での経験を今後の研究や就職等で生かされることを期待しています。

電気情報工学専攻 博士前期課程1年 植松 謙さん

私は今回のインターンシップでそれまで漠然としていた研究・開発職について具体的に知りたいと思い参加しました。実際に企業の多くの実験機を使わせていただき,とても貴重な経験になりました。毎週の報告会の質,お客さんの要望を聞いてそれを達成できることなど社会人としての働き方,考え方を学ぶことができました。また,私が行っている研究に沿った研修内容を提案していただき,非常に有意義な経験ができました。

研修先: ナミックス株式会社

太陽電池の研究をされているという事で,弊社が開発している太陽電池用導電ペーストを実際に触って頂き,電極形成や太陽電池特性に関して理解を深めて頂きました。非常に意欲的にとり組んでいらっしゃったと思います。また,研修を通じて社会人との交流も深めることもでき,大変貴重な体験ができたのではないかと思います。今回の経験が研究テーマと就職活動の一助になれば幸いです。